作業員

お葬式でお困りの方は葬儀屋に相談しよう│おすすめの散骨方法を紹介

葬儀屋に依頼しましょう

香典

親類が逝去して、初めて葬式をあげるという方は少なくないと思います。基本的に葬式は、逝去から数日後に行なわれることが多いとされています。そのため、その準備は早急に始める必要があります。葬儀屋を探しているときは、24時間電話対応しているところを選ぶといいでしょう。親類が逝去するのはいつになるか分かりません。危篤状態が数日間続く事例ことがありますし、突然死の場合もあるでしょう。逝去が深夜や明け方などだったときに連絡がとれない葬儀屋だと、依頼者は苦労します。そのため、できるだけ24時間体制で対応してくれる葬式屋に依頼することをおすすめします。電話依頼を受けた葬儀屋は、遺体を病院などに引き取りにきてくれます。お通夜を自宅で行なう場所は、自宅まで遺体を搬送してくれるのです。また、死後硬直などは病院側が対応してくれると思いますが、遺体の状態はどんどん悪くなっていきます。葬式屋はドライアイスなどを駆使して、遺体の状態が悪くならないように努めます。基本的に遺体を寝かせる布団以外は、葬儀屋が様々なものを用意してくれるので、依頼者は安心して葬式を任せることができます。葬儀屋との打ち合わせも大切です。葬式のプログラム内容は、基本的に依頼者の意向と予算によって決定されます。したがって、依頼者がどのような葬式にしたいのかを葬式屋に伝えない限りは、話が進みません。そのため、どのような段取りにしたいのかを、きっちりと考えておく必要があります。また、葬式では基本的に喪主が中心になって動きます。したがって、喪主を決めることも大切です。喪主を誰にするか親族間で揉めることもあるので、早めに親戚同士で話し合って決めることが重要になります。