作業員

お葬式でお困りの方は葬儀屋に相談しよう│おすすめの散骨方法を紹介

新たな埋葬法として

笑顔の男性

一般的に火葬をすませた後は、残った骨を骨壷に入れて、お墓に埋葬することが多いとされます。しかし、最近では骨を自然豊かな場所に振りまく散骨が人気となっています。一昔前まで散骨が問題視されていた理由は、法的な規制があったのではなく、モラルの問題だとされていました。故人はお墓に埋葬されるのが当たり前、という考え方が日本中に浸透していたため、散骨はあまりいいものだと思われなかったのです。しかし、近年は無縁墓や墓地のスペースが問題視されるようになってきています。そのため、必ず墓を建てるという価値観は変化してきているようです。散骨は別名では自然葬と呼ばれますが、海や山といった自然豊かな場所に散骨されることを望む方は、年々増加しています。しかし、これを独自でやろうとすると問題が発生するときがあるのです。当然ですが、散骨はしていい場所とそうでない場所があります。自治体によっては地域全体で散骨を禁止しているところもあります。また、当然ながら他人の私有地に散骨をすることはできません。山が私有地の場合もあるので、そこでは許可が必要になります。このように、自分たちで散骨を行なうのは難しいので、できるだけ専門の業者に依頼することが大切です。自然葬のお手伝いをしている業者はいくつかあるので、彼らに依頼して効率的に散骨をすませましょう。散骨を業者に頼むことで、故人では不可能な様々な自然葬をすることができます。たとえば、モンブラン葬と呼ばれる散骨では、アルプスのモンブランの上空から山に向かって、ヘリコプターで散骨を行ないます。また、衛星ロケットを飛ばして地球の軌道上で散骨を行なう宇宙葬というものもあります。これら種類の自然葬は、とても個人でできる規模ではありません。このような散骨が可能なのも業者に依頼するメリットになります。